What's new

セブ島海外語学研修が実施されました

8月17日から24日にかけての7泊8日で、海外語学研修が実施されました。

今年度から研修先はフィリピンのセブ島になり、日々輝学園全体から、昨年度より多くの14名の生徒が語学研修に参加しました。

横浜校からは6名の生徒が参加しました。

初日はお昼に成田空港に集合して、飛行機で約5時間のフライトの後、フィリピンのマクタン・セブ空港に到着しました。到着後は、簡単な説明を受けて、移動で疲れた生徒たちはすぐに就寝しました。空港からの移動中、車窓に移るフィリピンの街並みを熱心に見る生徒たちの視線が印象的でした。

2日目はオリエンテーションとレベルチェックテストを行い、翌日からの授業に備えました。夕方には近隣のショッピングモールに買い物に行き、日本円をフィリピンペソに両替したり、海外独特のスーパーの品添えを興味深そうに見物したり、タピオカドリンクを緊張しながら注文したりと現地の雰囲気に触れて楽しんでいました。

3日目からは本格的な授業が始まりました。今回のカリキュラムは、朝8時から夕方17時まで個別レッスンやグループレッスンを受けるものです。教室も母国語禁止となっており、フィリピン人の講師と英語でコミュニケーションを取ります。はじめはみんな緊張していましたが、すぐに環境に慣れ、一生懸命コミュニケーションをとろうと頑張っていました。

8月21日はフィリピンの祝日ということで、勉強から少し離れて、現地の自然に触れるためにアイランドホッピング(離島めぐり)を行いました。あいにくの曇り空でしたが、海はキレイで浅瀬でも多くの魚を見ることができました。また離島は、リゾート地で綺麗な砂浜と桟橋が印象的でした。バーベキューのバイキングも食べられ、とてもいい休息日になりました。

そして、7日目は最後の授業の後に卒業式が行われました。そこではお世話になった先生からの挨拶の後、生徒一人一人が英語でスピーチを行いました。できるのか心配しましたが、研修の成果が発揮され全員が英語でスピーチをすることができました。その後、修了証と記念品を受け取り全員で記念撮影を行いました。卒業式後はフェアウェルパーティー(お別れ会)を用意していただきまして、1週間の思い出を語り合いました。

8日目は早朝の飛行機で成田に向かい、大きなケガなどなく無事に8日間の行程を終えることができました。

生徒たちからは「あっという間の1週間で、もっと現地で英語を勉強したかった」という感想や「外国人と話すことで自信がついた」「今度はもっと長い留学に参加してみたい」などの前向きな意見を聞くことができました。

今回の語学研修を自信にして日本での学習に励みましょう。そして、 日本以外の国の文化を知ることも勉強の一つですので、 これをきっかけに少しでも外国に興味を持つ生徒がいれば、とてもうれしく思います。

今回参加した生徒の皆さん、本当にお疲れ様でした。現地でお世話になったみなさんありがとうございました。

語学研修は毎年夏に行われる日々輝学園全体の行事です。語学に興味がある人、外国の文化を知りたい人にぜひおすすめなので、気になった人は担任の先生に相談してみましょう。来年度のみなさんの参加をお待ちしています!