What's new

日々輝魂を行いました(横浜校)

2月27日(火)、横浜校では日々輝魂(ひびこん)を実施しました。

日々輝魂とは、文化部の発表の場を兼ねた3年生を送る会のことで毎年多くの団体が趣向を凝らし様々な成果の発表を行います。

5

学級委員の司会の下、はじまった今年度の日々輝魂の最初の発表は合唱部。年々、技術があがり心に響く歌声はトップバッターとして相応しいもので、観客を盛り上げました。私的には3曲目の「あなたへ~旅立ちに寄せるメッセージ~」が好きでした。

1

次の発表は近年本格的な発表で注目を集めている映画演劇部です。題目は「ベター・アンサー」。顧問の先生方が考えたオリジナル脚本の作品です。AI社会に対する風刺があり、コミュニケーションの希薄な現代へ疑問を投げ掛ける、考えさせられる作品でした。

2

その後は有志の発表が続きます。ダンス同好会は新しく1年生を加えた迫力のダンスで注目があつまりました。一人ひとりのソロダンスパートはとてもかっこよかったです。

そんな中、日々輝魂でひときわ注目を集めたのがサッカー部の発表でした。サッカーと全く関係のないコントに挑戦したサッカー部でしたが、顧問曰く「コントのリズムとテンポはサッカーに通じるものがある」とのことでした。タイミングピッタリのリズミカルなコントで会場を大いに盛り上げてくれました。

3

そして、日々輝魂のトリを務めるのは毎年恒例の音楽部のライブです。もともと日々輝魂は音楽部の卒業ライブから派生したもので全校生徒が音楽部のライブを楽しみにしています。今年も会場が一つになって大盛り上がりでした。

4

年々、盛り上がりを増していく日々輝魂。来年度も楽しみにしてください。