What's new

湘南医療福祉専門学校で高専連携授業を行いました【横浜校】

11月5日(月)~7日(水)に東戸塚にある湘南医療福祉専門学校にて高専連携授業が行われます。

初日の5日は、車いす介助の方法やベッドから車いすへの移乗の方法、リフトを使っての介助について学ぶことができました。

車いす介助の方法では、車いすの各部位の名称を教えていただき、車いすの開閉方法を練習しました。

その後、移動する際の注意点や不整地を移動するためのキャスターを上げたままの車いす介助方法、段差を上げ下げするためのポイントなどを学び、実際に車いすに乗り、お互いにやってみました。

介助するときには、介助者に声をかけながら行うことがとても大切で、黙ったまま介助されるといつ何をされるのかわからずビックリしてしまうことが体験を通してわかることができました。

また、ベッドから車いすへの移乗やリフトを使っての介助では、介護職員の体を守るために様々な器具や道具があり、負担が少なく介助ができるようになっていることを知ることができました。

そして、介護職員を守ることが利用者を守ることにつながっていることも知ることができました。

全体を通して、介護は自立支援、自分でできることは自分でやってもらい、人の動きや動き方、介助のコツなどを理解することがとても大切だと学ぶことができました。