What's new

2学年 沖縄修学旅行

1月14日(火)~1月18日(土)の期間、2学年が沖縄へ修学旅行に行ってきました。今回も、東京校と合同で、沖縄の歴史や文化に触れてきました。

初日、全員羽田空港に集合し、出発。

沖縄到着後は首里城を見学。残念ながら事故で正殿は焼失してしまいましたが、守礼門、園比嘉武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)、歓会門など「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界文化遺産に登録された貴重な歴史的文化財を巡ることができました。

2日目の午前は、事前に決めていた体験学習班に分かれ、それぞれマリンスポーツ、シーカヤック、シーサーの色塗り体験や紅型体験、海のランプ作りを楽しみました。午後には、美ら海水族館に移動し、イルカショーなどを見学しました。

3日目は場所も雰囲気も変わり、沖縄の歴史と自然を体感しました。この日は午前に「平和祈念公園」「ひめゆりの塔」、午後に「おきなわワールド」で「玉泉洞」と呼ばれる鍾乳洞を見学しました。また、沖縄舞踊のひとつ「エイサー」も鑑賞しました。

夕方には民泊体験でお世話になるご家族と対面となりました。行く前は不安を感じていた生徒たちも、本当の家族のように温かく迎えてくれたご家族の皆さんに安堵の表情を浮かべていました。

そして、最終日は沖縄県庁 から延びる1キロほどの「国際通り」を班別で自由行動。お土産の購入や、沖縄料理に舌鼓を打ちました。お土産を買う班、ひたすら食べ歩く班など、最後の沖縄の時間を各々楽しんでいました。

5日間の行程もあっという間に過ぎ去っていき、みんな様々な思いを抱いたことと感じています。この5日間の体験をどう、役立てていくのかが楽しみです。