教育の特色

学ぶ喜びを実感する - 総合クラスの特色 -

 総合クラスは、「基礎からじっくり学び直したい」との希望を持つ生徒たちが、中学校までの復習学習から始め、高校生としての基礎学力を着実に身につけるためのクラスです。

 生徒たちの多くは、「高校の勉強について行けるだろうか」という不安を抱えています。

  総合クラスでは、生徒たちのそんな不安を解消するために、まずは入学後の授業の開始に当たって「学習ガイダンス」を実施し、生徒たちが見通しを持って学習に取り組めるように指導しています。

  また、実際の指導に際しては、生徒一人ひとりの学力の状態をさぐりながら、その生徒にどのような指導が必要なのかを把握するところからスタートします。

  それは、「新しい気持ちで勉強に取り組もう」という生徒たちに、「わかる楽しさ」を実感できる授業で応えることが、学習に対する意欲を高め、ひいては真の学びを育むことにつながると考えるからです。

  本校では、このような考え方のもとに、生徒たちの学習状況や興味・関心に合わせた柔軟な学習プログラムを用意し、次のようなガイドラインで全教員が取り組んでいます。

学び直しからのスタート

Point 1  学習状態の把握が指導の出発点

 本校では、まず、入学後に学力診断テストや個人面談等を実施して、「何が、どこまでできるのか」、「何が、どこからできないのか」という、生徒一人ひとりの学習状態の把握に努め、個々の状況を踏まえた、きめ細かな学習指導を行います。

Point 2  学び直しで「わかる・できる」授業に

 総合クラスの学習指導は、国語・数学・英語を中心に、中学校までの復習学習に取り組む「学び直し」から始めます。各種の教材を精選・活用し、「わかる・できる」という実感を大切にした、スモールステップでの授業を行います。

Point 3  生徒の理解度・習熟度をつねにチェック

 授業は、生徒たちが、「取り組みやすい」と感じられるように、「1時間ごとの完結型授業」や「学習内容を整理・理解できる板書」、また「指導から活動への適切な流れ」などに留意・工夫しています。

 その上で、日常的に小テストや形成的評価を行い、各生徒の理解度・習熟度をチェックし、個別の状態に留意した指導を進めます。

一人ひとりを伸ばす、きめ細かな学習指導 自分に合った学び方を身につけます

Point 1  指導のサイクル化で学習の習慣化を

 学力の向上には、学習の習慣化が不可欠です。そのために、本校では、「授業→復習→確認(小テスト)→(自己)評価」という、授業から評価への適切な流れ作り(サイクル化)に留意・工夫した学習指導に努め、生徒たちが、学習を習慣化できるように取り組んでいます。

Point 2  一人ひとりを大切にする「声かけ補習」

 教員が、生徒たちの「わからない、つまらない」といった本音をキャッチすることは、学習指導上の重要なポイントです。本校では、確認テストやノートチェック等に加え、授業中の生徒の様子を注意深く観察し、必要と思われる生徒には、教員から「声かけ」をして、つまずきが見られる部分の補習等を実施しています。

Point 3  楽しさ・やりがいで「好き」を「得意」に

 生徒たちにとって、検定などの具体的な目標や、興味・関心に焦点を当てた学習などは意欲を持って取り組めるテーマです。そのために、本校では、教科学習と関連づけて、漢検や英検、情報処理検定などを積極的に実施しています。また、「アウトドアゼミ」や「自然科学ゼミ」などの少人数ゼミ形式の自由選択科目も用意しています。

Point 4  学習カウンセリングで「学び方」をサポート

 学習の遅れがちな生徒に聞くと、「勉強の仕方がよくわからない」、「わからなくなったら、どう取り組めばよいのか」といった声をよく耳にします。

 この課題は、基本的な、しかし、とても重要な課題です。総合クラスでは、定期的に学習方法についてのガイダンスや学習カウンセリングを行い、生徒たちが「自分に合った学び方」を身につけられるように支援します。

新しい仲間たちと共に 社会とかかわる力を養います

Point 1  新しい仲間づくりのために

 生徒たちが、前向きな学校生活を送るためには、新しい仲間たちとの関係づくりが大切です。そのために、クラス担任は、生徒たちが自然に友人の輪を広げていく様子を見守りながらも、周囲とうまくなじめない生徒などがいた場合には、その生徒の気持ちを踏まえたうえで、無理なく関係づくりができるように支援します。

Point 2  社会性を高めるHR活動

 本校では、生徒たちが、個性をひびかせ合い、相互の理解を深めながら、人間性や社会性を高めるための重要な活動として、HR活動や生徒会また部活動などの生徒活動の活発化に努めています。まずは、その基本であるHRで、一人ひとりが参加意識・役割意識を持って活動できるように、担任がHRづくりを工夫・配慮しています。