教育の特色

不登校を乗り越えるために - STクラスの特色 -

STクラスは、これまで不登校状態にあった生徒たちを対象に、時間的にも、精神的にも、ゆとりある環境を用意し、一人ひとりが自分に合ったペ-ス・方法で学習などに取り組み、それぞれの「よさ」を育み、伸ばすことのできるクラスです。

STクラスでは、まず、「自分は、きちんと登校できるだろうか」という不安を抱えている生徒たちの「心の居場所」づくりに力を注いでいます。

生徒たちは、中学校時代につらい心の体験をしてきただけに、お互いを理解しようとする雰囲気がおのずから生まれてきます。また、入学を機に、自分らしく充実した高校生活を送りたいとの願いを持っています。

本校では、こうした生徒たちの思いをしっかり受け止め、あわせて、一人ひとりが抱えている課題と向き合いながら、きめ細かなサポ-トを行っていきます。

そして、クラスとして一つのテ-マに向かって皆が力を合わせ、チャレンジする体験を次第に増やすことで、「心の居場所」から「学びの場」へと発展していきます。

このSTクラスは、本校の前身である旧武蔵国際総合学園が20年前に創設したもので、スクールカウンセラーを中心としたサポート体制が充実しています。

新しい仲間たちと共に 安心できる「心の居場所」です

Point 1  安心して最初の一歩を踏み出せるように

 STクラスに入学する生徒や保護者の方には、入学前に、スクールカウンセラーや経験豊富な教員が、これから始まる高校生活への不安をやわらげ、安心して最初の一歩を踏み出せるように、希望者を中心に個別のカウンセリングを行います。
 また、必要に応じて、数回程度の登校練習も実施します。

Point 2  新しい仲間づくりのために

 生徒たちにとって、クラスが安心できる「心の居場所」となるためには、新しい仲間たちとの関係づくりが大切です。

 そのために、STクラスの担任は、生徒たちが自然に友人の輪を広げていく様子を見守っています。

 そのうえで、なかなか周囲とうまくなじめない生徒や、友だちづくりを急ぎ過ぎている生徒などがいた場合には、その生徒の気持ちを十分に踏まえたうえで、無理なく関係づくりができるように支援します。

Point 3  心のエクササイズで自分発信力をUP

 STクラスでは、クラスメイトとの関係づくりをうながすとともに、コミュニケーション力を高めていくために、グループ・エンカウンターやアサーション・トレーニングなどの心のエクササイズをHR活動に取り入れて行きます。

ひとりで悩まないために メンタルサポートが充実しています

Point 1  きめ細かなカウンセリング体制

スクールカウンセラーがゆっくりと話を聞いて、悩みの背景を一緒に考え、さまざまなアドバイスをします。もちろん、すべての教員が生徒たちの心の声に耳を傾けるカウンセリングマインドで接しています。また、悩みを抱えている保護者の方のカウンセリングも実施しています。

Point 2  生徒たちを見つめ「声かけ相談」を

 入学後は、生徒本人の希望によるカウンセリングだけではなく、全教員が、生徒たちの日常生活を注意深く観察するなかで、「何かの悩みを抱えている」、「友人ができず孤立しがち」などの様子が見受けられる生徒に対しては、教員からの予防的な「声かけ相談」を行っています。

Point 3  生徒の状況に応じた再登校支援

 入学後に、ふたたび不登校傾向になった生徒には、クラス担任とカウンセラーが、保護者の方と連携しながら、家庭訪問やレターカウンセリングなど、その生徒の状況に応じた方法で再登校できるように支援します。

一人ひとりが、「学ぶ力」を発揮するために 基礎からじっくり学び直せます

Point 1  学習状態を把握したきめ細かな学習指導

 学力診断テストや個人面談等により、入学した生徒一人ひとりの学習状態の把握に努め、個々の状況を踏まえた、きめ細かな学習指導を行います。

Point 2  「学び直し」からのスタート

 高校生としての学力を高めていくためには、その土台である、中学校までの「未学習」部分を身につけ直すことが、とても重要です。

 そのために、STクラスでは、少人数編成で、国語・数学・英語を中心に、中学校までの復習学習に取り組む「学び直し」から始め、基礎学力をしっかり習得できるように丁寧に指導します。

Point 3  生徒の生活リズムに応じた学習支援

 入学後も、生活リズムが安定しない生徒などのために、次のような個別の学習支援を行っています。そのうえで、徐々に、生活リズムの安定やクラスで授業を受けることができるように支援します。